振袖

振袖を着る心構え

振袖のときの立ち振る舞い

振袖

結婚式や卒業式、成人式など祝い事などの際に振袖を着ることがあります。
普段あまり着ることのない振袖を着ると緊張してしまうこともありますが、立ち振る舞いの基本を覚えておくと振袖姿を美しく見せることができます。
基本的な立ち方としては、着物を合わせたときに上側にくる左前身頃を上前と言います。
ここには華やかな柄が入っていることが多いので、この上前を見せるようにして立つと美しいです。
おなかに少し力を入れて背すじを伸ばし右足を半歩後ろに引いて手は軽く前でそろえるようにすると長い袖の流れも美しく見えます。
座り方は、袖を前に回して袖が下につかないようにしながら後ろのおはしょりの下部分を右手の指で軽くつまんで腰掛けます。
帯がつぶれたりしないように椅子の背もたれにもたれかからないようにして、浅く腰掛けるようにして足は内向きにそろえましょう。
歩き方は歩幅を普段よりも狭くします。
足幅ずつ踏み出すような感じで膝を内向きにする感じで歩くと良いです。
そのときに右手で軽く着物の端を持つようにすると裾が広がらずに美しく歩くことができます。
階段の上り下りは裾と袖に気をつけましょう。
右手で着物の端を軽くつまむようにして、両方の袖をそれぞれの腕で抱えるようにして持ち大股にならないようにしてゆっくりと動くようにしましょう。

振袖のたたみ方のポイント

振袖はデリケートなものです。
大切な品を長く美しく保つためのちょっとしたコツを覚えて実践しましょう。
振袖は脱いだ後風通しの良い場所で陰干しします。
ハンガーにかけたまま柔らかい布やブラシで全体の埃を払っておきましょう。
この時にシミや汚れが無いかもう一度確認しておきます。
刺しゅうや金彩細工の部分には色移り防止のために和紙をあててたたみますので、必要があればあらかじめ用意しておきます。
振袖を広げる前に床や畳をきれいに掃除しておきます。
床に広げるときは衿が左側にくるように置きます。
たたみ方は下前を脇縫い線で内側に向けて折り、それから下前のおくみを縫目に沿って手前に折り返します。
肩あき部分の衿を内側へ入れます。
上前の衿、おくみ、裾を下前に重ねます。
背縫いを整えながら上前と下前の脇縫い線を揃えて重ね、両袖を揃えて重ねます。
上前側の袖を袖付け線に沿って身頃の上に折り返し、それから裾を持って身頃を二つ折りにします。
全体を裏返し、今度は下前側の袖を身頃の上に折り返しましょう。
たとう紙におさめておしまいです。
きものは直線裁ちですので、縫目に沿って正しいたたみ方をすればかさばらずコンパクトにおさまります。
縫目を意識してたたむことでしわもつきにくく、次の機会にもすぐにきれいに着ることができます。
湿気対策や防虫対策も忘れずに。
たとう紙は古くなったら新品に取り替えると着物を長く美しく保つことができます。

振袖専門店紹介

神戸・明石の振袖・袴・着物レンタル専門店

振袖 神戸

振袖
振袖

『振袖 たたみ方』 最新ツイート